ラットパトロール トップ > ご自分でねずみ駆除をお考えの方へ
害虫駆除について
ラットパトロールについて
お問い合わせ
対応エリア
ご自分でねずみ駆除をお考えの方へ

ご自分でねずみ駆除をお考えの方へ

ご自分でねずみの駆除をお考えの方に、ねずみの生態やご家庭でできる駆除方法をお伝えします。
ご家庭での駆除のポイント

①まずはねずみの生態を知る ~種類や生態から行動パターンを読む~

主なねずみの種類

ドブネズミ
ドブネズミ

体長 : 18~28cm
体重 : 200~450g(成獣)
食性 : 主に肉食の雑食
※一般的な目安

生息場所
下水、台所、ゴミ捨て場、地下街、公園や駅前繁華街の植え込みの地中など、水を充分に摂取できる湿った土地を好む。巣は屋外や床下に多く、厨房に作ることもある。


特徴
尾は体長より短く、成獣の体重は200g~450gほど。背面は灰褐色、腹面は白い。耳が小さく、倒しても目まで届かない。寒さに強く、泳ぎが得意。木登りは苦手で垂直移動はほとんどしない。雑食だが特に魚介類や肉が好き。 縦に登るのが得意ではないので、主に建物の下層階や下水道に生息する。地下鉄の線路や地下街の通路でとつぜんネズミが現れたり、大型のネズミが音をたててゴミをあさっている場面を見かけたことのある人もいると思うが、それはドブネズミであることが多い。排水管から出てくることもある。


クマネズミ
クマネズミ

体長 : 15~24cm
体重 : 100~200g 
食性 : 穀物を主とした雑食
※一般的な目安

生息場所
天井裏や高層階、棚の中や隙間など、乾燥した高い場所を好む。巣は天井裏や壁の内側などに多い。


特徴
尾が体長より長く、成獣の体重は100g~200g。背面が褐色で腹部は黄褐色か白色が多い。耳が大きく、折り返すと自分の目を覆う。雑食で特に油、穀物を好む。英名でルーフラット(roof rat=屋根ネズミ)ともいうように、もともと木登りが得意なネズミで、電信柱を登り電線を伝って家の屋根から侵入することもある。天井裏を騒々しく駆け回っているのは、このクマネズミである場合が多い。泳ぎは苦手。非常に賢く、警戒心が強いので捕獲するのはドブネズミよりも困難。ドブネズミより体格に劣り力が弱いが、都会のビル群発達とともにドブネズミの登ってこない上層階で繁殖している。基本的に小さいが、稀にドブネズミ級の大きな個体も確認される。


ハツカネズミ
ハツカネズミ

体長 : 5~10cm
体重 : 10~30g 
食性 : 穀物を主とした雑食
※一般的な目安

生息場所
倉庫や物置、船のコンテナなど。乾燥に非常に強い。都会より郊外に多いが、食材にまぎれて都会に運び込まれることがある。


特徴
体長は5cm程度。体重は10g~30gほど。繁殖力が強く、体が小さい。動作は非常に俊敏であるため、捕獲は困難。ドブネズミやクマネズミに比べると、害の少ないネズミ。夜行性で、実験用に飼育されている。いわゆるマウス。雑食で、種子や穀類が好き。小さいためクマネズミ等の幼獣と間違えられるが、身体の均整がとれてしっかりしている。


ねずみの生息要因と予防対策

■生息要因


ネズミが生息する要因には、(1)餌・水の有無、(2)営巣(巣を作るの)に適した場所、(3)巣材の有無、(4)自由に活動できる空間の存在などが大きく関わってきます。 この中でも特に、「餌・水の有無」はネズミにとって生息できるかどうかの大きな要因になるので、食品の管理は重要なポイントとなります。


■予防対策


(侵入防止)

残飯整理や食べ物屑の後片付けなど清掃をしっかり行なうことが大切です。また、建物内に侵入されないよう、侵入口になっている穴や隙間、割れ目、配管には防鼠ブラシや金網、防鼠パテ、ねずみ返しなどを用いてふさぎます。


ネズミに隠れ家(巣)を作らせないように巣の材料となりやすい布や新聞紙、ビニール袋などの整理整頓を行なうことも重要です。


(忌避・ネズミにかじらるのを予防)
ケーブルや電線、設備機器類などネズミから齧られるのを予防するには、カプサイシン系忌避塗料を塗布すると有効です。

②ご家庭できる駆除方法

粘着シート

強力な粘着剤がついた板状のシートです。上をネズミが通るとくっつきネズミを捕獲します。ネズミは賢いので、シートを敷く場所。敷き方。敷くタイミング。等、特に知恵をつけた大人のクマネズミの捕獲には高い技術が必要となります。捕まったネズミは粘着シートごと生ごみとして処分できます。尚、一度くっついたネズミをシートから引きはがすのはほぼ不可能とお考えください。 ※捕獲したネズミを回収する際は、噛まれたりしないよう十分ご注意ください。噛まれてしまった場合はきちんと消毒し、念のため医者に診てもらってください。
粘着シート

殺鼠剤

ネズミを殺すための薬剤。ネズミに食べてもらうために、被害のある食材を混ぜたり、最初は毒のない食べ物で餌付けして、慣れてきたときに一気に切り替える。といった手段が有効です。餌を食べて死亡したと学習されると、他のネズミが警戒して食べなくなるので、一気に駆除するのがポイントです。 ※ネズミが壁の中などに落ちて死んでしまったなど、回収が困難になる場合がありますのでご注意ください。
殺鼠剤

忌避剤

ネズミが嫌がる臭いや、辛み成分を利用してネズミを近づけなくします。ただし、基本的にネズミが嫌がるだけで絶対に来なくなるわけではありません。ネズミの行動を誘導するなど、他の手段と組み合わせて使うとよいかと思います。
忌避剤

超音波

ネズミが嫌がる音を発して、ネズミが嫌がる空間を作り出します。設置してしばらくは効果が出るのですが、しばらくするとネズミが慣れるのか、元に戻ってしまう場合が多く、ネズミの行動と習性を理解して使わないと効果が持続しない。我々プロでも効果的に使うのが難しいアイテムと言えます。 ※天井裏等はホコリが多く、コンセント部分がホコリでショートしないようご注意ください。場合によっては火災の原因となります。
超音波

③完全にねずみ被害をなくすために

ねずみ被害を繰り返したくないのなら、業者への依頼が1番
ご自分の施した駆除でねずみが学習してしまう可能性もあります。
やはり、ネズミを完璧に駆除するのには、ネズミの習性を知り尽くしたプロに依頼するのが一番です。
実際のところ、素人が自分で対策をした結果、ねずみが学習してしまい、余計駆除が難しくなったという事例も多くあります。ネズミは基本的に番(つがい、♂♀ペア)で生息します。一匹捕まえても、他の個体が居るのが普通です。駆除したつもりでも、実は気付かないだけで着々と子供を増やしている可能性も捨てきれません。
本気で完全にネズミを居なくしたいのなら、良い業者を探して依頼しましょう。
※上記注意点を見てご自分で駆除する方も、何かありましたら
問い合わせ窓口よりお気軽にご相談ください。
お問い合わせ   
Call:0120-21-7144