シロアリの季節(ネズミも増えます) ※虫の写真あり注意

「平均気温が20℃を超える雨上がり」
羽アリが発生の条件です。

シロアリ実写_斜め

例年はゴールデンウィーク明け
くらいなのですが
今年は体感的に暖かい様子。
もう少し早い時期に出るかもしれません。
シロアリは春だけでなく
当然夏も秋も活動しているのですが

この季節、
ホームセンター等にシロアリ駆除の昇りが立ち始めるのは
羽アリとして目に付きやすいからなのです。

羽アリは
巣の約3%のアリが変態したもので。
辿り着いた新天地に
新たな女王を冠しコロニーを作ります。

つまり、

羽アリが大量に出るということは
近くにアリの巣がある可能性が高いということになります。

もし、家の近くで羽アリを見たら
羽アリの「身体の区切り」に注目してみてください。

身体が頭、胸、腹の三つに分かれていれば
それは所謂普通のアリです。
建材を浸食したりはしません。

身体が頭、胸腹の二にしか分かれて無いのであれば
それはシロアリです。

シロアリは
蝶やバッタ等とは類的にも違う生物で
ゴキブリ等に近い種なのです。

もし、
見つけたのがご自宅の近くなのであれば
業者に調査を依頼してください。
ご自宅にシロアリがコロニーを作り
建材を浸食している可能性があります。

特に築5年以上経過している場合
ご注意下さい。
日本では新築の建物には
防蟻処理する事になっているのですが
その薬効が5年程で切れてしまうため
シロアリが住みつく可能性が出てくるのです。

もし出ていても安心してください。
シロアリは比較的薬剤に弱いので
キチンと駆除すれば
また5年間シロアリは寄りつきません。

雨上がりの朝
窓や網戸に羽アリがいたら
思い出してくださいね。

尚、

年中繁殖するネズミも

季節の変わり目は特に強い繁殖期になります。

猫なども発情する季節ですものね。

業者に頼むときは(ネズミ駆除に限らず)

「クマネズミだと言っていたのに、
結局ハツカネズミだった。」

「契約期間が過ぎて
当初から全く状況が変わっていないので
対応をお願したら、出張費がかかり、
来てもらっても結局変わらず。」

「気になる音や糞について伝えても、
気のせいだと取り合ってくれず、
機械的に餌とシートを置くだけ。」

「まったく状況が変わらないので

最初ネットで調べた問い合わせ先に相談しても
担当業者に任せているからわからないの一点張り。」

これ全部、
ウソのような本当の話です。
つい先日お問い合わせ頂いたお客様から聞きました。
ネズミの種類についても、
お客様が自ら調べて確認した結果判明したそうです。

弊社のホームページで注意点として
書かせて頂いてはいましたが、
未だにこんな事があるとは。

ネズミ駆除に限らず
水道工事や屋根補修、リフォーム
果ては結婚式からお葬式まで、
人生でそう何度も関わる事の無い
あまり詳しくない事を
業者に頼むときは。

イ) 複数の業者に見積を出してもらう。

ロ) その金額で何をして、どうなるのか確認する。
(今回何のために依頼するのかを明確にしておく。)

ハ) 失敗することはあるのか?
その場合どうなるのか?
追加費用はかかるのか?
確認する。

※特に形のないサービスの場合重要です。

ニ) 出来れば署名入りの書面で
やり取りし形に残す。
(日時と差出人が明確に残るメールもお勧め。)

この4点は必ず押さえるべきだと思います。

大事なのは、
相手を信じる
という名の手抜きをせず
最後まで自分の責任で確認する事ではないでしょうか。

慣れてないと大変ですが
後悔しないように
頑張って下さい。

今の時代、ネット検索で調べた情報は
ほとんどが営利目的で書かれた情報だったりもしますのでご注意を。
出来る限りお知り合いにも相談するようにしましょう。

駆除関連の相談でしたら
お気軽にご連絡下さい。
出来る限りお答え致します。

 

ラットパトール安心ダイヤル

0120-21-7144