取り壊し 解体現場 と ネズミの発生

ネズミの被害に遭いやすいのはどんな家なのか?

ゴミ屋敷でもない限り、築年数や建物の造りなどはあまり関係ありません。賃料が月数百万するマンション、新築の億ションでもネズミが出ることがあります。実際そんな現場もあります。

ネズミが家に入り込みやすいのは、どちらかというと周囲の環境だと思われます。近くに森がある、飲食店が多い繁華街など、もともとネズミの生息が多い場所は近くにネズミが居る分家に「たまたま」ネズミが入り込む可能性が高くなります。飲食店などは食べ物の匂いや大量の残飯が出る関係もありネズミを呼び寄せやすくなります。

解体(ビル)

周囲にネズミが居ないような環境でも、ご近所で「家の取り壊しがあった」「建築工事がある」「火事があった」等あると、ネズミが巣を移動し今まで出なかった家に移り住む可能性が高くなってきます。取り壊された建物自体にネズミがいた場合はもちろん、隣接したエリアに生息していた場合も危険を感じて移動するようです。

特に、「大規模なマンションの造成が始まった」場合には、周辺1~3km半径でネズミのお問い合わせが増える傾向があります。JRや私鉄の駅工事などがある場合も同様です。

マンション造成

国や自治体で、「一定以上の建物を取り壊す場合は近隣に被害が拡大しない様に先に駆除をする」よう指導をしていることもあり、取り壊し前にご依頼いただき、駆除をさせて頂くことも多いのですが、罰則はなく、現実的には、ネズミが多数生息する場合でもそのまま取り壊すことが多いようです。

そもそも家は、「人間が快適に住む」ために建てられています。ネズミの被害に遭わない様に建てられているわけではありません。

コンクリート造ならネズミが入り込むわけが無いと思われるかもしれませんが、ネズミは直径1.5cm程の穴でも通れます。建物には電線を入れるための穴、排水管を通す為の穴は必ずありますし、クマネズミであれば電線をつたってベランダや屋根の隙間からも侵入します。また、日本の風土に合わせて発展してきた木造住宅は、湿気を前提として通気性、風通しを重視していますので、雨避け以外の部分で隙間を無くすという発想が薄く、むしろ、うまく隙間を配置するのが匠の技とされている節すらあります。

建物の造りがネズミの発生と関係ないというのはそういうことで、決して欠陥住宅なわけではなく、ましてや大工さんの手抜きではないのです。

 

【本日の販促1】↓弊社安心ダイヤル お気軽にご相談どうぞ

0120-21-7144

【本日の販促2】先週駆除完了↓

・ネズミ駆除完了 14件
集合住宅:1件(東京都葛飾区)
集合住宅の1室:1件(東京都世田谷区)
倉庫:1件(東京都板橋区)
中華料理店:3件(東京都板橋区、港区2件、)
一軒家:5件(東京都練馬区、目黒区、中野区、品川区、埼玉県草加市)
菓子店:1件(東京都品川区)
寿司店:1件(東京都中央区)
ファーストフード店:1件(東京都墨田区)

・害虫駆除完了 2件
ビル:1件(東京都港区)
集合住宅の1室:1件(東京都世田谷区)

・鳥追い出し完了 1件
一軒家:1件(東京都練馬区)

以上